手染めでムラになった服を染め直し

「自分で染めてみたらムラになってしまった」というご相談を時々お受けします。
手芸店などでは家庭でできる染色キットなどが売られていますので、やろうと思えば個人でも染め替えは可能です。

ですが、素材や服のボリュームによっては個人での染め替えが難しいものもたくさんあります。

素材で言えば綿や麻などは比較的簡単に染めることができますが、ポリエステルはきちんと染めようと思うと家庭では無理かと思います。
基本的には圧力をかけながら130度の高温で染める必要があるためです。
市販の染料で、ポリエステルも染められると書いてあるものもありますが、染まりが悪かったり、色落ちが早かったりするようです。

また、生地が厚いもの、ボリュームのあるコート類などは、かなり大きな鍋が必要となりますので、これも家庭で染めるのは不向きです。

では実際に染め替え事例をご紹介します。

somekae_tezome2

somekae_tezome3
自分で染めたらムラになってしまった洋服の染め直し

どれもかなり色差が出ているので、元の色よりもかなり濃い目に染めさせて頂きました。

個人で染め替えをする場合は生地が薄めで、ボリュームの少ないTシャツなどがおすすめです。
ですが、その場合もムラにならないように数十分間攪拌する必要があるので、手間はかかります。

手軽にきれいに染めるなら、【染め替えサービスRe:color】がおすすめです♪

ご相談はお気軽にどうぞ
【ご相談フォーム】

<ポリエステル染めについてはこちら↓>

ポリエステル素材も染められます。

スポーツウェア(ポリエステル素材)を染め替え

ポリエステル70%ジャケットの染め替え

ポリエステル染めの注意点