漂白剤で色抜けしてしまった服の染め替え

「漂白剤で色が抜けてしまった」というご相談を多く頂きます。
漂白剤による色抜け、変色は大抵の場合染め替えできれいになります。

まずはいくつか事例をご紹介します。

漂白剤で色抜けしてしまった黒い服腕に大きな色抜けがあります。
元色との色差も大きいので、きれいに染まるか微妙なところでしたが…
漂白剤による色抜けの染め直し後きれいに染まりました。

続いてはワンピースドレスの事例。

漂白剤で色抜けしてしまったワンピースを染め替え
漂白剤により色抜けしてしまったドレスの染め直し

かなりひどい色抜けがありましたが、きれいに染まりました。
色差を埋めるために元色よりも濃い色で染めています。

稀に、きれいに染まらない場合もあります。
例えばこの事例のように、生地が薄くなってしまっている場合など、生地自体にダメージがあるとムラになる可能性があります。

漂白剤で色落ちしてしまった服の染め直し

漂白剤で色落ちしてしまった服の染め直し

画像だと分かりにくいですが、染め替え後もうっすらとムラが残っています。

漂白剤がついていた箇所をよく見てみると

漂白剤により傷んでしまった生地

生地が薄くなっているのが分かります。
染まる部分が少なくなっているので、薄くムラに見えたということですね。

漂白剤に長時間つけたり、原液をつけてしまうと生地が傷みます。
特に薄い生地はダメージを受けやすいので注意が必要です。

とはいえ、一部分だけの色抜けでお気に入りの洋服が着られなくなってしまうのは悲しいですよね。
気になるお洋服がありましたらお気軽にご相談ください。

【ご相談フォーム】