白い服のシミ、黄ばみは染め替えで解決!

白い服はよほど気をつけていないとシミをつけてしまいますよね。
また、汗や皮脂によって黄ばみも気になってきます。

でも生地もしっかりしているし、洋服の寿命はまだまだ…という時には濃い色で染めることによりシミを見えなくすることで、新たな気分で着られるようになります。

シミが目立たなくなるくらいの色、濃度で染める必要があるため、シミの程度により染め替え後の色は変わってきますが、それほど濃いシミでなければ極端に色を変えなくても染め替えは可能です。

またあえて全く違う色にすることで、新しい服のような感覚で着ていただくことも可能です。

例えばこちらの染め替え事例をご覧ください。

しみのついた白い服を染め替え
しみのついた白い服を染め替え

分かりづらいかもしれませんが、右の胸辺りに薄い茶色のシミがありましたが、濃いピンクで染めることにより、染め替え後はシミがどこにあったのか分からなくなりました。

また、色移りしてしまった洋服も同様に、染め替えでまた着られるようになります。

色移りしてしまった白い服も染め替えでよみがえる
白い服に色移りしてしまったら染め替えをご利用ください

縫製糸は染まらずに残るので、雰囲気も変わりますね。
ステッチのように残ることで、カジュアル感が増すように思います。

シミの場合は、シミの原因によっては、染め替えでも消せないことがあります。例えば油汚れ、ペンキなどです。
お問い合わせいただく際には、シミの原因もお知らせください。

シミや黄ばみ、色移りでお困りの洋服がありましたらお気軽にお問い合わせください。

【お問い合わせフォーム】