M-65シェルパーカーのブリーチ(脱色)

m-65 シェルパーカーブリーチ加工 軍モノブリーチ

「ブリーチをして、グレーベージュのようにして欲しい」というご要望があり、お受けしたものです。
ブリーチをした結果、ベージュっぽくはならず、元の色のまま薄くなりました。

軍モノブリーチ

綿70%、ナイロン30%ということでしたが、脱色するのは綿のみとなります。
綿の割合が多ければ多いほど、ブリーチ前後に差が出ます。

ただし、今回の場合綿70%であれば、もっと薄くなると予想していました。なんとなくですが、40~50%くらいしか落ちていないような印象です。

素材の混率が違っていたのか、あるいは脱色しにくい染色方法なのか…。

古いものは素材が不明だったり、生地が傷んでいる場合も多く、実際に作業をしてみないとわからないこともあります。

実際、このシェルパーカーも、ホックボタンの周りの生地が裂けてしまいました。
ブリーチは生地にダメージが大きいため、負荷のかかる部分が損傷することがあります。

お直し屋さんで修理をしてからお渡しすることもできますが、どのような方法で、どこまで修理するかは、お客様とお直し屋さんが直接相談した方が納得いく結果となると思います。

今回の場合も、実際に見てからお直しするかどうか決めるとのことで、こちらではお直しせずにお返しいたしました。
事前にご説明は致しますが、リスクにご同意いただいた上で、ご依頼ください。

「こんなことできるかな?」というご相談でも大歓迎です。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせバナー
お問い合わせお待ちしております!