元色よりも濃く染まります。

色あせやシミ、色抜けがある場合、色差が埋まるよう濃い色で染める必要があります。

つまり、元の色に戻るわけではありません。

全体が平均的に少しだけ色あせている、という場合は少し濃いくらいの色でもきれいになりますが、肩など一部分だけ色あせがひどい、漂白剤でくっきりと色が抜けているという場合は、元色よりもかなり濃い色で染める必要があります。

 ↑紺で染め直し

 

↑濃オリーブで染め直し

 

↑ターコイズブルーで染め直し

 

↑濃紺で染め直しましたが、色差が少し残っています

 

色差を一番埋めることのできる色は黒です。

色差が大きい場合は、元色に関わらず黒をおすすめする場合があります。

 

また、脱色できる素材や作りの場合は、脱色をしてから元色に近い色に染めることも可能です。

この場合、染色料金のほかに脱色料金、調色料(色見本以外の色に染める場合)を別途頂戴いたします。

脱色できない素材や向かないものもありますので、ご希望の場合はお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

 

お問い合わせバナー
お問い合わせお待ちしております!