元色の違いによる、染め上がりの違い

染色は色の足し算です。
「元色+染め色=仕上がりの色」となります。
ですので、元色の影響を受けます。

色見本のカラーは、白い生地を染めた場合の色ですので、色付きの生地を染めた場合は染め上がりが変わります。

こちらの実験をご覧ください。


ブルー、グリーン、シアン、ピンク、レッド、ホワイトの生地を全部一緒に「紺」で染めると…

元色の違いにより、染め上がりにばらつきが出ました。
本来の染め色は右下の色です。

緑と重なると黄みがつよく藍色のような色に。
ピンクと重なると紫のような色。
赤と重なると茶色のような色になっています。

元色が薄ければ、ほぼ影響はありませんが、赤などの強い色は、黒を重ねても赤みが消えません。
濃い赤の場合、黒を重ねてもこげ茶っぽく染まることが多いです。


完全に黒にするには、染める前に脱色をする必要があります。

「赤から青に染め替えるなど、色相を極端に変える場合」、「濃い色から薄い色にする場合」、
「白に戻す場合」も脱色が必要です。
※薄い色は脱色をすることで白になることが多いですが、濃い色は脱色をしても薄い黄色が残ります。また、染め方や染料によっては脱色できない場合もあります。

なお、脱色ができるのは綿や麻などです。
ナイロンやポリエステルは脱色できません。

綿麻素材であっても、脱色は生地に大きな負荷がかかるため、脱色をご希望の方は下記よりお問い合わせください。

 

お問い合わせバナー
お問い合わせお待ちしております!