McGREGOR(マックレガー)の染め替え事例一覧

1921年 にニューヨークで誕生したブランドMcGREGOR(マックレガー)。

スコットランドの伝統ある氏族であるMacGregor家の象徴であるタータンチェック・王冠・紋章をモチーフに使用したアイテムが特徴となっています。

アイテムとして人気なのはブルゾン。染め直しのご依頼も多くいただきます。

表地が綿素材、裏地も綿混の場合が多く、裏地も染まってしまう場合が多いです。

綿の混率によって、色味が変わる程度からチェック柄が見えなくなる程度と染まり方も変わります。

以下の染め替え事例を参考にしてみてくださいね 😉 !

McGREGOR(マックレガー)の染め替え事例↑表地:綿62%、ナイロン38% 綿のみを濃紺に染めています。

 

McGREGOR(マックレガー)の染め替え事例 McGREGOR(マックレガー)の染め替え事例McGREGOR(マックレガー)の染め替え事例↑表地:綿70%、ナイロン30% リブ:アクリル70%、毛30% 裏地:ポリエステル65%、レーヨン35% 綿のみ濃茶に染めています。
リブにアクリルが使われているので、ヨレが出ています。
裏地はレーヨンのみが染まっているので濃くなりましたが、柄は残っています。

 

McGREGOR(マックレガー)の染め替え事例↑襟やポケットで目立っていた白けがきれいに直りました。

 

McGREGOR(マックレガー)の染め替え事例 McGREGOR(マックレガー)の染め替え事例↑リブはアクリル100%のため、ヨレ感が出ています。スチームをあててもきれいには直りません。品質表示タグに書かれている場合は事前にお知らせできるのですが、リブの素材が書かれていないこともあります。リブにはアクリルやウールが使われている可能性があるため、表記がない場合は、少し注意が必要です。アクリルが使われている場合は、伸びやヨレ、ウールが使われている場合は縮みや硬くなるといった影響が出ます。
また、他の染め替え事例についている大きめのネームは染まりませんが、こちらの横長のネームは染まっています。
裏地は元よりも色が濃くなりましたが、柄は残っている状態です。

 

 

McGREGOR(マックレガー)の染め替え事例 McGREGOR(マックレガー)の染め替え事例 McGREGOR(マックレガー)の染め替え事例↑表地も裏地もともに綿100%のため、裏地もしっかり染まっています。ジャージ部分は綿45%、ポリエステル45%、ナイロン10%のため、少し薄めに染まっています。ネームもつけたまま染めましたが、染まっていません。

 

McGREGOR(マックレガー)の染め替え事例 McGREGOR(マックレガー)の染め替え事例 McGREGOR(マックレガー)の染め替え事例↑表地も裏地もともに綿100%のため、裏地もしっかり染まっています。紺色から深赤への染め替えだったため、一度全体の色を抜いてから染めています。ジャージ部分にはポリエステルとナイロンが混ざっているので、その部分は色が抜けずに残っています。
大きく色味を変える場合、脱色が必要になる事がありますが、素材や状態によって脱色できない場合もありますので、一度ご相談ください。

McGREGOR(マックレガー)の染め替え事例↑スライダーの引手についていた合成皮革のパーツは表面がはがれ下の素地が見える状態になっています。合成皮革はこのように表面がはがれることがあります。

 

アウターは紫外線で焼けやすいですが、染め直すことで新品の様によみがえります!
色あせだけで捨ててしまうのはもったいないですから、一度ご相談ください 🙂

 

LINEで染め替えチェック!

 

お問い合わせバナー
お問い合わせお待ちしております!