バーバリー(burberry)の染め替え事例一覧

バーバリーは男女問わず、また世代問わず染め替えのご相談をいただくブランドです。

とはいえ、染め替えに向いているかというと、少し難しい部分があります。

それは、バーバリーチェック。

コートの裏地や襟の裏、袖口の裏に使われていることが多いのですが、表地と同じ素材の場合は一緒に染まってしまいます。

 

例えば、表地が綿素材で、裏地も綿100%ですとしっかり染まってしまいます。

黒や濃紺で染めた場合、チェック柄はほとんど見えなくなります。

綿100%ではなくて、綿30%ポリエステル70%でしたら綿の30%のみが染まるので、色は多少変わりますが、柄がまったく見えなくなるというわけではありません。

裏地を全て取り外して染めるという方法もあります。
お直し業者と相談の上、可能であれば…ですが、お直しは高額になります。

ちなみに今まで部分的に取り外して染めさせていただいたことはありますが、裏地全てを取り外したことはありません。

また、ロゴ刺繡も染まる場合が多いです。
刺繍は刺繍糸の素材によって染まる染まらないが決まります。

一部分を染まらないようにすることはできませんので、刺繍部分が染まってしまう可能性も含め、染め替えをご検討ください。

 

バーバリー(burberry)の染め替え事例

バーバリー(burberry)の染め替え事例
色あせはきれいになりましたが、ロゴ刺繡も一緒に染まっています。

 

バーバリー(burberry)の染め替え事例

バーバリー(burberry)の染め替え事例
刺繍糸の素材が染める部分と異なる場合、染まらずに残ります。

バーバリー(burberry)の染め替え事例

バーバリー(burberry)の染め替え事例
裏地のチェック柄も染まりました。

 

バーバリー(burberry)の染め替え事例
バーバリー(burberry)の染め替え事例

バーバリー(burberry)の染め替え事例
裏地も染まりました。濃紺で染めるとこのように柄が残ります。

 

バーバリー(burberry)の染め替え事例

バーバリー(burberry)の染め替え事例
混率が不明ですが、裏地はキュプラとポリエステルのため、キュプラのみ染まっています。不思議なことに横線が消えることが多いです。
バーバリー(burberry)の染め替え事例
(別の染め替え事例)色が上に乗っただけでは横線は消えないはずですが…横線だけきれいに消えてしまっています。
バーバリー(burberry)の染め替え事例
色あせてしまった膝周辺をご自分で染めたけれども、うまくいかなかったとのご相談。染め直しできれいになりました。
バーバリー(burberry)の染め替え事例
大きく入ったプリントに影響が出ないかヒヤヒヤでしたが、プリントに影響なく染まりました。

 

長年大切に着られたバーバリーの一着がありましたら、ぜひ一度ご相談ください。

 

お問い合わせバナー
お問い合わせお待ちしております!

 

LINEで染め替えチェック!